エンゼルス・大谷に故意に投球当てたWソックス・ライトに3試合出場停止と罰金処分

[ 2021年9月20日 02:30 ]

16日のホワイトソックス戦で死球を受けた大谷
Photo By スポニチ

 大リーグ機構は16日のホワイトソックス―エンゼルス戦(シカゴ)でエンゼルス・大谷に故意に投球を当てたとし、ホワイトソックスの右腕ライトに3試合の出場停止と罰金処分を科した。

 異議を申し立てたため、処分は保留される。また、ホ軍のトニー・ラルーサ監督には1試合の出場停止と罰金処分。

 ライトは9回2死走者なしから、大谷の右ふくらはぎへ死球。エ軍のジョー・マドン監督は、14日の同カードで3死球を与えた報復行為と発言していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月20日のニュース