五輪スケボー・パーク銀の13歳・開心那 支援受けた日本ハムに感謝の一投

[ 2021年9月20日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム0―4ロッテ ( 2021年9月19日    札幌D )

<日・ロ>ファーストピッチを務めた東京五輪スケートボード女子パーク銀メダルリスト開心那(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 東京五輪スケートボード・パーク銀メダリストの開心那(13=WHYDAH GROUP)は「ハッピー、ハッピー、ハッピー」との意味を込めた背番号「888」をつけて日本ハム―ロッテ戦(札幌ドーム)でファーストピッチ。

 北海道倶知安町生まれの開は、19年に日本ハムによる次世代スポーツ人材育成型クラウドファンディングの支援を受けた。投球には「緊張した」と語り、球団のサポートには「助けられた」と感謝していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年9月20日のニュース