広島 松山、長野ら代打使わず引き分け 分岐点の8回に佐々岡監督「何か事を起こせるのが上本だと思う」

[ 2021年9月20日 22:09 ]

セ・リーグ   広島2-2ヤクルト ( 2021年9月20日    神宮 )

<ヤ・広(19)>8回1死一、二塁、青木に同点タイムリーを浴びた森下。左は山田 (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 広島はソロ2発にとどまり、11度目の引き分けに終わった。

 8回の攻防が分岐点だった。林が右中間二塁打で突破口を開いて無死二塁。森下が試みた送りバントは捕手前で転がらず、代走・曽根の懸命なスライディングも実らず三塁で憤死した。微妙な判定はリクエストでも変わらず、1死一塁。投手の森下が走者として残ったことも誤算だった。

 西川の右前打で一、二塁へ再び好機が広がった後、小園の二塁右へのゴロは山田の好守に阻まれた。2死一、三塁から打順は3番。先発は正随で、6回の守備から上本が入っていた。右腕の大下に対して松山、長野が控えていて、田中広や三好という代打後の守備要員も残っていた中、代打策は見送り。上本は初球打ちで投ゴロに終わり、三塁走者として攻撃を終えた森下は直後に4連打を浴びて2点差を追いつかれた。

 佐々岡監督は「あの2発は大きかったんですけどね。その後が続かなかった」と振り返り、上本を打席に立たせた8回の判断については「1アウトなら(代打)いこうかなと思っていたけど、2アウトになったというところで。準備はしていたけどね。別に上本も悪いわけではない。調子がいいわけで、何か事を起こせるのが上本だと思う。(代打の選択肢も)全然あったんだけど、これは結果論」と説明した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月20日のニュース