阪神・矢野監督 5回途中交代の中野について「まあ、大丈夫やと思う」

[ 2021年8月4日 22:04 ]

プロ野球エキシビションマッチ   阪神3―8オリックス ( 2021年8月4日    京セラD )

<オ・神> 6回の攻撃を終え、交代を告げる阪神・矢野監督(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 阪神・矢野監督は試合後、5回の守備から途中交代した中野について、「まあ、大丈夫やと思う。そんなに大きな離脱とか、そういう感じではないと思う。ちょっと伸ばしたというか、そんな感じになったんで」と幸いにも軽傷であることを明かした。

 中野は交代直前の5回2死で迎えた第2打席に、三塁線を破る安打で出塁。次打者・島田の4球目で二盗を失敗した際にスライディングで足を負傷した模様で、二塁ベース付近でしばらくうずくまり動くことができなかったが、その後は自ら歩いてベンチへ下がった。

 明日以降の練習参加について指揮官は「練習は出てくるけど、明日の状態にならんと分からんから、その状態でどうするか」と、患部の状態次第で決定する見込みだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年8月4日のニュース