愛工大名電 田村主将は東北学院を警戒「勝ち運、勢いがある。あなどれない」

[ 2021年8月4日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権大会

番号を掲げる愛工大名電の田村俊介主将
Photo By 代表撮影

 愛知・愛工大名電は東北学院との対戦が決まった。エース、主砲、一塁、外野も務める大黒柱の田村俊介主将は「名電らしく粘り強い野球をしたい」と意気込んだ。愛知大会では「私学4強」のライバル、東邦、中京大中京、享栄を全て撃破し「勢いはついている」と自信。愛知―宮城の対決は春夏通じて初めてで、倉野光生監督は「強豪の仙台育英がいる宮城大会を制しての初出場で、勝ち運、勢いがあるチームだと思う。あなどれない」と警戒した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年8月4日のニュース