楽天・島内 「星稜対決」で先輩の貫禄「石川県のスーパースターと対戦できて良かった」

[ 2021年8月4日 05:30 ]

エキシビションマッチ   楽天7―0ヤクルト ( 2021年8月3日    楽天生命パーク )

3回、3ランを放つ島内(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 楽天・島内が「星稜対決」で先輩の貫禄を見せつけた。ヤクルト・奥川との初対戦。3回2死一、三塁での第2打席で、甘いカーブを右翼席へ運び「石川県のスーパースターと対戦できて良かった」と振り返った。

 3戦連発となるエキシビションマッチ4号アーチ。「20歳であれだけの球を投げられるのは凄い。自分が1軍にいられれば、次は公式戦で対戦したい」と再戦を熱望した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年8月4日のニュース