西武・呉念庭 奮起の一発も「今日の打撃に納得はしていません」

[ 2021年8月4日 05:30 ]

エキシビションマッチ   西武3―5広島 ( 2021年8月3日    マツダ )

2回無死、呉は右越えにソロ本塁打を放ちナインに迎えられる (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 西武・辻監督の喝に「一発回答」だ。2回、先頭の山川に続いて呉念庭(ウーネンティン)が、大瀬良から2者連続アーチ。右翼席ギリギリに飛び込む一発に「うまく体を回転して打つことができた」とうなずいた。

 しかし、その後は3打席凡退。1日の阪神戦後、辻監督から「パッとしない。目の色を変えてくれないと」と奮起を促されていた28歳は「今日の打撃に納得はしていません。もっと粘りを出していくことができれば」と貪欲だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年8月4日のニュース