侍J、銀メダル以上確定!宿敵・韓国撃破で悲願の金メダルにあと1勝 山田が殊勲の走者一掃2ベース

[ 2021年8月4日 22:30 ]

東京五輪第13日 野球準決勝   日本5―2韓国 ( 2021年8月4日    横浜スタジアム )

<東京五輪・野球 日本・韓国>8回2死満塁、山田は適時二塁打(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 東京五輪に出場している野球日本代表「侍ジャパン」は4日、準決勝で宿敵・韓国と対戦。接戦を5―2で制して銀メダル以上を確定させ、悲願の金メダルへ王手をかけた。2―2で迎えた8回に山田哲人内野手(29=ヤクルト)が走者一掃の3点適時二塁打。これが決勝点となった。日本は1次リーグから無傷の4連勝。7日に行われる決勝戦(横浜)では、いずれも日本に敗れた米国と韓国がぶつかる敗者復活戦(5日)の勝者と、公開競技だった1984年ロス五輪以来37年ぶりの金メダル獲得を懸けて激突する。

 日本は2―2で迎えた8回、1死から柳田(ソフトバンク)が左前打でチャンスメーク。走者が近藤(日本ハム)に入れ替わった後、村上(ヤクルト)が申告敬遠されると、甲斐(ソフトバンク)がしぶとく四球を選んで満塁とチャンスを広げた。ここで打席に入った山田は左中間フェンス直撃、あと少しで満塁弾という大きな当たりを放ち、満塁の走者が全員ホームに生還。二塁ベース上の山田は大きなガッツポーズを見せて喜びを爆発させ、ベンチも歓喜に沸き返った。

 日本は3回、村上、甲斐の連打で無死一、二塁とチャンスをつかむと、続く山田が初球で絶妙な送りバントを成功させ、坂本(巨人)も初球を中犠飛として先制。5回には先頭・山田が右中間二塁打で出塁して坂本の右飛で三進した1死三塁から吉田正(オリックス)の中前適時打で貴重な追加点を加えた。

 だが、5回まで2安打無失点の好投を見せていた先発右腕・山本(オリックス)が2―0で迎えた6回に先頭から3連打を許し、チームの今大会初失策となる近藤の失策も絡んで2点を失い、同点。6回2安打零封したドミニカ共和国との1次リーグ開幕戦から12イニング目にして初めて失点するも2試合連続の9奪三振力投で打線の爆発を待った。その後は岩崎(阪神)、伊藤(日本ハム)が好リリーフ。最後は守護神・栗林(広島)で逃げ切った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年8月4日のニュース