日本ハム・中田 生まれたばかりの次男の名にも「翔」の字 2日に対面「感動した」

[ 2021年8月4日 05:30 ]

4日のDeNA戦に備えて守備練習を行う日本ハム・中田
Photo By スポニチ

 日本ハム・中田が、第4子となる次男誕生を力に変える。遠征中だった7月30日に誕生。元々コロナ下で立ち会いは不可能だったが、遠征終了後の2日に初対面し「4回目だけど、やっぱり新鮮。顔を見られて感動した。可愛いね」と目尻を下げた。長男は自身の名前からとった力翔(りきと)と名付けたが、次男にも「翔」の文字を入れて命名したという。

 きょう4日からエキシビションマッチのDeNA3連戦。後半戦再開となる13日のソフトバンク戦まで最終調整は5試合となった。函館市内での全体練習に参加した主砲は「エキシビションマッチとはいえ、がむしゃらにやる姿勢が大事。しっかり頑張りたい」と力強く話した。(東尾 洋樹)

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年8月4日のニュース