中日ドラ2・森、圧巻の1軍デビュー! 2回無失点、最速149キロに圧巻の4三振

[ 2021年8月4日 18:57 ]

プロ野球エキシビションマッチ   中日―ロッテ ( 2021年8月4日    バンテリンD )

<中・ロ>2番手で力投する中日・森(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日のドラフト2位・森博人(日体大)が1軍デビュー戦で圧巻の投球を見せた。

 6回から2番手でマウンドに上がり、2イニングを1安打無失点、ロッテ打線から4三振を奪った。

 6回は先頭・小川を空振り三振に仕留めると、荻野も連続三振。2死から藤原に浮いたカーブを中前に運ばれたものの二盗失敗により、無失点で切り抜けた。

 イニングをまたいだ7回はレアード、エチェバリアと相手助っ人を連続三振に仕留めた。最速は149キロをマークした。

 森はキャンプから2軍だったものの、ウエスタン・リーグでは18試合で防御率2・29と安定感を披露。竜の期待の新人右腕が後半戦を前についに1軍デビューを果たした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年8月4日のニュース