高松商 初戦は作新学院との夏優勝校対決 山崎主将気合「諦めない野球をしていきたい」

[ 2021年8月4日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権大会

番号を掲げる高松商の山崎(山崎)悠矢主将
Photo By 代表撮影

 香川・高松商は作新学院との夏の優勝校対決に。山崎悠矢主将は「すべてのレベルが高いチームだと思う。諦めない野球をしていきたい」と気合を入れた。甲子園での直接対決は3度目。58年夏は1―2で負けたが、61年春は2―0で勝利しており通算1勝1敗。今回も接戦が予想される。長尾健司監督は「終盤に勝負できるように守備を修正したい」と96年以来、25年ぶりの夏の甲子園勝利を狙う。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年8月4日のニュース