鹿島学園VS盛岡大付 監督は旧知の仲「まさか」

[ 2021年8月4日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権大会

第103回全国高校野球選手権大会組み合わせ
Photo By スポニチ

 <茨城・鹿島学園>4日目第4試合で盛岡大付(岩手)との対戦が決定。初出場だけに甲斐竣介主将(3年)は「相手は打力がトップクラス。エース中心に自分たちの野球ができたら」と話した。

 旧知の盛岡大付・関口清治監督から「まさか」とメールが届いた鈴木博識監督は「私も驚いた。第4試合はナイターになる可能性もある。いかに球場に慣れ、味方にするか」と課題を挙げた。

 <岩手・盛岡大付>鹿島学園との対戦決定に田屋瑛人(あきと)主将(3年)は「鹿島学園は茨城大会で常総学院を破っているように投打ともレベルの高いチーム」と警戒を強めた。

 岩手大会5戦連発など高校通算56本塁打の金子京介(3年)が軸。19年センバツ初戦では石岡一にサヨナラ勝ちしており、田屋は「茨城代表とは運命を感じているというか、凄くワクワクしている」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年8月4日のニュース