専大松戸 三度目の正直だ 持丸監督「甲子園初勝利を松戸市民や高校にプレゼントしたい」

[ 2021年8月4日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権大会

対戦が決まった専大松戸の石井詠己主将(左)と明豊の幸修也主将
Photo By 代表撮影

 <千葉・専大松戸>初戦は第4日第2試合、相手はセンバツ準優勝の大分・明豊に決まった。主将の石井詠己(えいき=3年)は「トップレベルのチームだと思うので、まずは自分たちの野球をやることを第一に考えたい」と話した。

 持丸修一監督は「甲子園初勝利を松戸市民や高校にプレゼントしたい。優勝はその先」とまずは春夏通じ3度目の出場での初勝利を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年8月4日のニュース