東北学院 節目の年に「いい報告をしたい」2日目に愛工大名電戦

[ 2021年8月4日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権大会

第103回全国高校野球選手権大会組み合わせ
Photo By スポニチ

(全員で打ち勝つ/第2日第4試合/VS愛工大名電/) <宮城・東北学院>第2日第4試合で愛工大名電と対戦。宮城勢は春夏を通じ愛知勢とは初対戦となる。

 古沢環(たまき)主将(3年)は「愛知大会準決勝で中京大中京の畔柳(くろやなぎ)投手に勝ったので凄く力のあるチーム」と警戒しつつ「全員で打ち勝つ野球」を貫く。東日本大震災から10年という節目の大会。「僕らが甲子園でプレーできることは凄く光栄ですし、宮城の皆さんにいい報告をしたい」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年8月4日のニュース