選手宣誓は小松大谷・木下主将「国語の先生と決めて、勇気や感動を与えられる宣誓を」

[ 2021年8月4日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権大会

リモート抽選に臨み、選手宣誓に決まった小松大谷の木下仁緒主将
Photo By スポニチ

 <石川・小松大谷>立候補した26人の主将から選手宣誓の大役を引き当てたのは木下仁緒主将(3年)だった。

 「全国の主将の代表として、しっかり言えるように頑張りたい。国語の先生と決めて、勇気や感動を与えられる宣誓をしたい」。チームは36年ぶりの出場で、初戦は高川学園に決定。「自分たちの特長の守備からリズムをつくりたい。攻撃ではつなぐ打線が特長」と聖地での初勝利を目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年8月4日のニュース