ソフト新外国人アルバレス 出たバイ!初アーチ「とにかく嬉しいよ」

[ 2021年8月4日 20:45 ]

プロ野球エキシビションマッチ   ソフトバンク―巨人 ( 2021年8月4日    ペイペイD )

<ソ・巨>3回2死一、三塁、右前適時打を放つソフトバンクのアルバレス(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 とにかく「ダリー」のバットが、止まらない。ソフトバンクの新外国人ダリエル・アルバレス外野手(32)が、移籍後初本塁打を放った。7月21日に独立リーグ・茨城から加入した愛称「ダリー」が浸透中のキューバ人助っ人は、4日のエキシビションマッチ巨人戦に「2番・左翼」で出場。2―5の1死で3番手大江の直球を左中間テラスに運ぶソロ本塁打とした。

 「とにかくコンタクトすることだけを考えて打席に入っている中で結果、ホームラン。とにかく嬉しいよ」

 3打席目での初アーチだけではない。0―5の2死一、三塁の2打席目には、先発・戸田のカットボールをチーム初安打となる右前適時打。「前の打席にもタイムリーを打つことができ、いい打席が続いていると思う」と自画自賛した。

 3打席後に松田宣と交代。2安打2打点とアピールに成功で、これでエキシビションマッチ6試合で3度目のマルチ安打とした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年8月4日のニュース