ロッテ・佐々木朗 実戦最速158キロマーク 1軍で自身初の中6日も5回1安打1失点

[ 2021年8月4日 05:30 ]

エキシビションマッチ   ロッテ5―2中日 ( 2021年8月3日    バンテリンD )

好投した佐々木朗(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 エキシビションマッチ2度目の先発となったロッテ・佐々木朗が5回1安打1失点。1軍で自身初の中6日となったが、「不安なく状態も変わらず投げられた。甘いところにいっても打ちとれた」とプロ入り後の実戦では最速となる158キロをマークし、初のドーム球場登板で4回まで完全投球と収穫が多かった。

 井口監督は「最初のカードでいけたらと思う」と、後半戦開幕となる13日からのオリックス3連戦(ZOZOマリン)での先発も示唆した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年8月4日のニュース