西武・栗山 通算2000安打へ向けて昇り調子 勝ち越しの2点二塁打

[ 2021年8月4日 19:56 ]

プロ野球エキシビションマッチ   広島―西武 ( 2021年8月4日    マツダ )

<広・西>5回2死満塁、西武・栗山は左翼線に2点適時二塁打を放つ(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 西武の栗山巧外野手(37)が、1-1で迎えた5回2死満塁で、九里のシュートを左翼線にはじき返す2点二塁打。「1、2打席対戦して、いい投手と分かりましたので、何とか打とうと思って打席に入りました。いい形で打つことができて良かったです」とうなずいた。

 前半戦終了後は調整を任されており、前日3日からチームに合流。生え抜き初の通算2000安打まで残り15本に迫っている37歳が、リーグ戦再開へギアを上げている。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年8月4日のニュース