阪神の先発・伊藤将 5回5安打2失点 立ち上がりから失点は反省材料

[ 2021年8月4日 19:51 ]

プロ野球エキシビションマッチ   オリックス―阪神 ( 2021年8月4日    京セラD )

<オ・神> 4回、杉本に本塁打を浴びた伊藤将(左)と坂本 (撮影・平嶋 理子) 
Photo By スポニチ

 先発した阪神の伊藤将は5回5安打2失点と立ち上がりから失点した。

 初回先頭の福田に四球を与えると、続く宗の右前打で無死一、二塁とし、安達の中前適時打と味方の拙守の間に先制点を献上した。それでも2回を3者凡退に抑え、3回は走者を背負いながらも無失点でしのいだが、4回先頭の杉本にソロ被弾。最後は5回を再び3人で退け、77球で降板した。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年8月4日のニュース