日本人左腕最長身の楽天・弓削、現状維持1350万円でサイン 3年目の来季は「10勝を目標に」

[ 2020年12月2日 11:20 ]

契約更改交渉に臨んだ楽天の弓削隼人(C)Rakuten Eagles
Photo By 提供写真

 楽天の弓削隼人投手(26)が2日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸1350万円でサインした。

 1メートル93の長身左腕で、2年目の今季は開幕ローテーション入りしたものの、8月末に2軍に降格。その後は再び1軍に昇格することなく、10試合3勝2敗、防御率5・01という成績でシーズンを終えた。「コロナ禍」による変則日程ということもあり「出だしは好調だったけど、維持することが難しかった。状態が上がらずにシーズンが終わってしまった」と振り返った。

 来季に向けては「しっかり自分の投球をできるように、(オフは)安定感を求めてトレーニングしたい。10勝を目標に頑張りたい」と意気込んだ。(金額は推定)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年12月2日のニュース