阪神・西勇 現状維持の2億円で更改 V奪還へ後輩の突き上げ期待「僕が4番手になるチームに」

[ 2020年12月2日 13:32 ]

契約更改を終え会見に臨む西勇輝(代表撮影)=阪神球団事務所
Photo By 代表撮影

 阪神の西勇輝投手(30)が2日、兵庫県西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、年俸2億円プラス出来高払い(金額は推定)でサインした。来季は4年契約の3年目となる。

 今季は移籍後初の開幕投手を務め、21試合に登板して11勝5敗、防御率2.26でキャリアハイの4完投(2完封)をマークした。リーグ2位の147回2/3を投げ、クオリティースタート(QS=6回以上、自責点3以下)17度は12球団№1。「自分がこだわっている数字。イニングにもこだわっている。上位に入ることができて充実していた」と振り返った。

 来季に向けては「今年は2位だった。来年は矢野さんを胴上げできるようにみんなで頑張っていきたいと思います」と話し、そのためにも「僕が3番手4番手になるチームになれれば。みんなで頑張っていきたい」と後輩たちからの突き上げに期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年12月2日のニュース