ヤクルト・石山 年俸1・5億円で4年契約 残留決め手は「必要とされているというのが一番強い」

[ 2020年12月2日 15:21 ]

契約を更改し、撮影に応じるヤクルト・石山泰稚(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 ヤクルトの石山泰稚投手(32)が2日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4年契約を結んだ。来季は7000万円増の1億5000万円でサインした。国内フリーエージェント(FA)権を取得したが、残留を選択。決め手については「自分が必要とされているというのが一番強い。育ててもらった恩もあるので、ヤクルトでずっと活躍できたら」と話した。

 今季は44登板で3勝2敗20セーブ、防御率2・01。「1年間、1軍で投げ続けられたのはうれしく思う。でもチームが最下位で終わってしまった。来年はどうしても上にいきたい。やっぱり優勝したい」と抱負を語った。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年12月2日のニュース