ヤクルト戦力外の上田剛史が引退決断 トライアウト参加せず…小川GM明かす

[ 2020年12月2日 20:05 ]

ヤクルト・上田剛史
Photo By スポニチ

 ヤクルト・上田剛史外野手(32)が2日、現役を引退することになった。この日、小川淳司GMが「電話があった。『トライアウトを予定してたんだけど、トライアウトに出ないで引退することにしました』って」と話した。

 06年に関西高から高校生ドラフト3巡目で入団。通算797試合に出場した。今オフに戦力外通告を受けたが、7日のトライアウトを目指して1日も神宮室内練習場とコブシ球場で汗を流していた。守備、走塁に定評があり、ムードメーカーとしてもチームをもり立て、ベンチには欠かせない選手としファンからも愛されていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年12月2日のニュース