楽天・和田恋、20%減の年俸800万円でサイン 巨人からトレード移籍2年目は「貢献できなかった」

[ 2020年12月2日 13:46 ]

契約更改交渉に臨んだ楽天の和田恋(C)Rakuten Eagles
Photo By 提供写真

 楽天の和田恋外野手(25)が2日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、200万円ダウンの年俸800万円でサインした。

 右の和製大砲として期待され、昨年7月に巨人からトレードで加入した。移籍2年目の今季は1軍で7試合の出場にとどまり、打率・125、1打点という成績で「チームに貢献できなかったので悔しかった」と振り返った。

 イースタン・リーグでは67試合で打率・240、12本塁打、35打点で「自分の持ち味の長打を打ちながら打率も残さないといけない。2軍でも難しかったので、1軍ではもっと難しい」と感想。その上で来季に向けて「1年間、1軍の戦力になること。コンスタントに打たないと試合には使ってもらえないので、試合に使ってもらえる選手になりたい」と目標を掲げた。(金額は推定)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年12月2日のニュース