楽天・足立が100万円増の年俸1600万円でサイン チーム最年長捕手は「正捕手目指して」

[ 2020年12月2日 17:39 ]

契約更改交渉に臨んだ楽天の足立祐一(C)Rakuten Eagles
Photo By 提供写真

 楽天の足立祐一捕手(31)が2日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、100万円アップの年俸1600万円でサインした。

 5年目の今季は42試合に出場して打率・167、1本塁打、3打点という成績だった。出場試合数は昨季の21試合から倍増となったが、9月中旬に下半身のコンディション不良で離脱したこともあり「試合に出してもらっている中、怪我で離脱したのが悔しかった」と振り返った。

 チームとしてレギュラー捕手を固定しきれていないだけに「やっている以上、そこ(正捕手)は目指していきたい。しっかり結果を求めてやっていきたい」と意気込んだ。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年12月2日のニュース