西武2投手の背番号変更 斉藤大が19→57、粟津26→67

[ 2020年12月2日 15:27 ]

 西武は2日、2投手の背番号変更を発表。17年ドラフト1位左腕の斉藤大将が、19から57、18年ドラフト4位の粟津凱士が、26から67に変更となった。

 斉藤大は1年目に16試合に登板。しかし、19年9試合、今季は7試合の登板にとどまった。粟津も1年目は1試合に登板したが、今季は1軍登板機会がなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年12月2日のニュース