巨人・原監督 連日の雨天中止も秋の超過密日程も「致し方がない」

[ 2020年7月8日 18:44 ]

<神・巨>試合前、大雨が降る甲子園球場。2日連続の中止となった(撮影・平嶋 理子)                                                               
Photo By スポニチ

 巨人・原辰徳監督(61)は阪神戦が雨天中止となった8日、「きょうはできると思ったけどね、致し方がないだろうね」と話し、宿舎行きのバスに乗り込んだ。9日の試合は、スライドでこの日登板予定だったメルセデスが先発する。

 中止分は10月に組み込まれて10連戦となる見込み。一日の休養日を挟んで、その後は9連戦が待つ。前日の中止分は9月に組み込まれて13連戦が行われる模様で、秋以降も超過密日程となるが指揮官は「致し方がない。想像はしていたというところでしょうね」と覚悟を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月8日のニュース