マー君 ヤンキースタジアムに姿、フィールドには出ず ブーン監督「時間をかけている」

[ 2020年7月8日 15:33 ]

ヤンキースの田中将大投手
Photo By スポニチ

 4日に打球が頭部を直撃したヤンキース・田中将大投手(31)は7日(日本時間8日)もヤンキースタジアムに姿を現した。まだ大リーグ機構(MLB)が定めた脳振とうプロトコルに従っている途中でフィールドには出ていない。チーム広報によると、午後0時20分にスタジアムに来て、同2時30分には帰宅したという。アーロン・ブーン監督は「ゆっくり時間をかけている。順調だが、アクティビティの面で特に報告することはない」と述べた。

 経過は依然として順調なようだが、開幕までもう3週間弱。この日、ブーン監督には「田中が間に合わなかった場合、代役の先発投手を考慮しているか」という質問も飛んだ。指揮官は「私たちは層が厚く、多くの選択肢があると春から感じてきた。今季開幕から30人の選手が起用でき、ブルペンデーの日もあるだろう」と述べつつ、「現在はチームの立ち位置を評価するために重要な期間だから、まだ何の決定もしていない」と返答。“田中の代役候補”は明言しなかった。(ニューヨーク・杉浦 大介通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月8日のニュース