中日・石垣が1軍昇格、2軍戦で打率・346「こんなに早く上がれるとは。成長見せたい」

[ 2020年7月8日 17:03 ]

<中・ヤ>1軍に昇格し、試合前練習で汗を流す石垣(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の石垣雅海内野手(21)が8日、1軍に昇格した。

 ナゴヤドームで行われた試合前練習に合流。打撃練習では快音を響かせ「こんなに早く1軍に上がれるとは思っていなかったので、素直にうれしいです」と意欲。

 今季2軍で9試合に出場し、打率・346と好調をキープしており「去年は打席の中でムラがあったので、今年は内容の良い打席を多くできるようにしたいです。成長しているところを1軍の舞台で見せられるようにしたい」と話した。

 チームは3日にアルモンテ、郡司と野手2人を抹消。だが、出場選手登録を行ったのはA・マルティネス1人だけで、その後に先発・吉見も抹消されたため、今季の1軍登録枠は最大31人だが、29人しか登録されていなかった。

 前日7日のヤクルト戦では、延長10回にベンチ入り野手全員を使い切っていたため、1点を追う2死満塁で中継ぎの三ツ間を代打起用。ベンチワークのミスが露呈し、敗戦しただけに与田監督は試合後に「1つの枠をどう考えるか、すごく大事になってくると思うので、本当にこの反省を次に生かさなければいけないな」と悔恨。一夜明け、早速、野手である石垣を登録した。

 もう1枠は11日広島戦の先発が見込まれる勝野が登板当日に登録される見通し。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月8日のニュース