ソフトB・柳田 “初登板”千賀を援護 初回同点2ラン&5回決勝打

[ 2020年7月8日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4-3楽天 ( 2020年7月7日    ペイペイドーム )

初回1死一塁、左越え2ランを放つ柳田(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・柳田が、エースの復帰登板を援護した。まずは2点を奪われた直後の初回だ。1死一塁。弓削の初球、外角高めカットボールを強振すると左翼テラス席への4号2ランとなった。

 「千賀が今年初めてだったので何とかしたいと思って打てた。相手が首位のチームなので何とか勝ちたかった」。さらに、3―3の5回無死二塁では弓削の初球、141キロ内角直球を勝ち越しの中前適時打。2安打3打点という自身の活躍には「(調子は)変わらず普通です」と穏やかな表情で振り返った。

 開幕カード以来のホームゲームで、無観客でのお立ち台。「プレーしている時は変わらず、一球一球に集中している」。大雨の被害が続く九州のファンに向けて「画面越しでもいいプレーをたくさん見せられるように頑張っていきます」と、バットで勇気を届ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月8日のニュース