阪神・ガンケル5回無失点の好投 1軍昇格へアピール ウエスタン・ソフトバンク戦

[ 2020年7月8日 13:54 ]

ウエスタン・リーグ   阪神―ソフトバンク ( 2020年7月8日    鳴尾浜 )

キャッチボールをする、阪神・ジョー・ガンケル=鳴尾浜(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 阪神・先発のガンケルは降格後初登板で5回1安打無失点と圧巻の投球を披露した。

 初回はわずか6球で3者凡退に抑えると、3回は先頭の谷川原に中前打を許し、初めての走者を背負ったが、続くリチャードを三ゴロ併殺で好機を拡大させなかった。中盤もテンポのいい投球で相手打線に的を絞らせなかった。5回は途中出場の4番・野村を平凡な遊ゴロに抑えると、柳町を左飛、続く田城も外角直球で一ゴロに仕留めた。この日は5回まで10個のゴロアウトを重ね、持ち味の制球力を生かした。

 ガンケルは6月24日のヤクルト戦で4回7安打3失点と精彩を欠いて2軍に降格。仕切り直しの一戦に向け、「積極的に攻めていければ」と話していたが、有言実行の好投で昇格へアピールした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月8日のニュース