阪神―巨人戦は2日連続で中止に…突然の雨でグラウンドが水浸し

[ 2020年7月8日 17:50 ]

<神・巨>試合前、大雨が降る甲子園球場。2日連続の中止となった(撮影・平嶋 理子)                                                               
Photo By スポニチ

 甲子園球場で行われる予定だった阪神―巨人戦は前日に続き2日連続で降雨中止となった。

 昼からは晴れ間ものぞき、午後2時から始まったタイガースの試合前練習も屋外で行われた。しかし、巨人の練習が始まった16時過ぎか雨が降り始め、巨人ナインがベンチ裏に引き揚げると一気に雨脚も強まってグラウンドは一瞬にして水浸しの状態になってしまった。開幕から約2週間の長期遠征を終えた阪神はようやく本拠地に戻ってきたものの、これで2試合連続で聖地の“開幕戦”はお預けとなった。阪神の試合中止は6日の広島戦(マツダ)から3試合連続で18年以来2年ぶり。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月8日のニュース