日本ハム・野村 右手小指骨折 初の開幕1軍&2本塁打も長期離脱へ

[ 2020年7月8日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム1―7オリックス ( 2020年7月7日    京セラD )

日本ハム・野村
Photo By スポニチ

 日本ハムの野村佑希内野手(20)が7日、オリックス1回戦(京セラドーム)で4回の三塁守備の際に右手小指に打球を当てて途中交代。大阪市内の病院で精密検査を受け「右第5指基節骨の骨折」と診断された。きょう8日に東京都内の病院で改めて精密検査を受けてリハビリなど今後の方向性について精査する。

 高卒2年目の野村は初めて開幕1軍入りを果たし、2日のソフトバンク戦でプロ初本塁打&サヨナラ安打を放つ活躍を演じた。5日の同戦でも決勝2号ソロを放っていたが、長期離脱を余儀なくされた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月8日のニュース