中日 A・マルティネス、来日初打点含む2安打2打点 婚約者バースデーに大奮闘

[ 2020年7月8日 22:23 ]

セ・リーグ   中日5―5ヤクルト ( 2020年7月8日    ナゴヤD )

<中・ヤ>初回2死一塁、A・マルティネスは右中間適時二塁打を放ち、バックホーム返球の隙に三塁に滑り込む(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日のA・マルティネスが2度目の先発マスクをかぶり、来日初打点を含む2安打2打点の活躍を見せた。

 この日は婚約者のカミラさんの20歳の誕生日。キューバでモデルをしていた美貌の持ち主で現在、日本で一緒に暮らしている。

 A・マルティネスは「今の状態はいいし、今日はチャンスで打ってやろうと思っていた。自分の前後にいい打者がいるし、起用に応えたかった。今日はフィアンセの誕生日で、何も結果を残さずに帰るわけにはいかなかった」と、気合満点で試合に臨み見事に結果を残した。

 試合は延長戦の末引き分けに終わったが「打って、勝って、彼女にプレゼントをしたかったが、また次、勝てるように頑張りたい」と、次なる戦いに目を向けていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月8日のニュース