DeNA・浜口 快投ならぬ“怪”投、5回まで毎回10四死球もわずか1失点

[ 2020年7月8日 19:55 ]

セ・リーグ   DeNA―広島 ( 2020年7月8日    マツダ )

<広・D>力投するDeNA先発の浜口(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 浜ちゃんが快投ならぬ「怪」投だ。

 先発のDeNA・浜口は、初回2死から連続四球。3回には2四死球に申告敬遠と、どうにも制球が定まらない。

 5回まで毎回の10四死球。それでもあと1本を許さず、失点は1に抑えた。

 一方の広島は再三の好機であと1本が出ず、5回まで12残塁の拙攻となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月8日のニュース