中日 連夜の延長で今季初ドロー、4回以降打線振るわず 与田監督は無失点救援陣ねぎらう

[ 2020年7月8日 22:00 ]

セ・リーグ   中日5―5ヤクルト ( 2020年7月8日    ナゴヤD )

<中・ヤ>4回、交代を告げる与田監督(左)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は2試合連続となる延長戦をものにできず、今季初の引き分けとなった。

 打線が初回から高橋、A・マルティネスの連続適時打などで3点を先制。3回にも京田の適時打などで2点を加えた。

 だが、先発・山本が制球に苦しみ自己最短となる4回途中5四球5失点で降板。「自分の心とかをコントロールできていなかった」とうなだれた。

 打線もヤクルトの救援陣を打ち崩せず、4回以降は0行進。5―5の9回に2死二、三塁の好機をつくったが、大島が遊ゴロに倒れ、サヨナラ勝ちのチャンスを逃した。

 この日は阿部を今季初めて2番に、打撃好調のA・マルティネスを6番に並べるなど、打順の組み替えを行ったが白星にはつながらず、与田監督は「やっぱり得点力を上げていかないといけない。今日も3回以降、得点が入らない状態になった」と腕組み。それでも6番で2安打1打点と活躍した助っ人捕手を「打線のつながりというのは彼が入ることで、できる」と今後にも期待を寄せた。

 前日7日は延長10回2死満塁の好機でベンチ入り野手全員を使い切っていたため、代打に投手・三ツ間を起用する采配ミスを犯したが、この日は10回に代打・井領を送るなど、手駒はそろっていたが不発。

 ただ、無失点でしのいだ救援陣を「(点を)取って取られてと嫌な流れだったので、そこをよく止めてくれた」とねぎらった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月8日のニュース