広島・佐々岡監督 守護神の最有力候補は菊池保「一番安定している」

[ 2020年7月8日 05:30 ]

<広・D 雨天中止 広島練習>練習を見つめる佐々岡監督 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 スコットの不振により、不在となった守護神について、広島の佐々岡監督が菊池保に期待を寄せた。

 報道陣の質問で「菊池保」の名前が挙がると、「そういうふうになるでしょう。基本はキクという考えもある」と、第一候補に挙げていることを示唆。「一番安定している。やってもらう以上は信頼して任せたい」と話した。

 菊池保はプロ13年目で、まだセーブを記録したことがないが、今季は4試合で防御率2・25、チーム最多タイの2ホールドと安定しており、「これまでとやることは変わらない。ゼロ(無失点)で戻ってくること」と泰然自若としていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月8日のニュース