西武 3連敗 逆転打のはずが強風で…山川「仕方ないですね」

[ 2020年7月8日 05:30 ]

パ・リーグ   西武6―8ロッテ ( 2020年7月7日    ZOZOマリン )

風速15Mを表示するZOZOマリンスタジアムのスコアボード (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 強風は4番の一発を阻んだ。西武は2点を追う6回に1点差に迫り、なおも無死二塁。山川が中堅左に大飛球を放ち、逆転2ランと思われた。ところが、風速14メートルの逆風に押し戻されて、フェンス直前で中堅の荻野に捕球された。

 頭を抱え、苦笑いを浮かべた主砲は「手応えは良かったです。いったと思いました。仕方ないですね」と話した。今季初の3連敗を喫し借金1。8、9回の終盤には好機で凡退が続き、辻監督は「打線がつながらなかったね」と渋い表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月8日のニュース