日本ハム・清宮がプロ初盗塁、前回刺されたオリ若月にリベンジ

[ 2020年7月8日 20:29 ]

パ・リーグ   日本ハム―オリックス ( 2020年7月8日    京セラD )

<オ・日>3回、2死一塁、2盗を成功する清宮(野手・安達)(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 日本ハム・清宮がプロ初盗塁をマークした。「6番・一塁」で2試合ぶりにスタメン出場し、打線が一挙7点を挙げた2回の打席は四球で出塁。続く3回に先頭打者で左前打すると、2死一塁から打者・中島の2球目に二盗に成功した。得点には結びつかなかったが、実はこれがプロ初盗塁。過去に昨年8月25日のオリックス戦で一度だけ盗塁を試みてオリックスの捕手・若月に刺されており、今度は同じ若月から盗塁に成功した。

 今季はここまで持ち前の長打力をなかなか発揮できずにいるが、この日は積極的なプレーでチームを活気づけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月8日のニュース