楽天・浅村 3試合連続の8号も空砲に 不敗神話も7戦でストップ

[ 2020年7月8日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天3-4ソフトバンク ( 2020年7月7日    ペイペイD )

3回1死、左越え本塁打を放った浅村(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 楽天は4番の一発を勝利に結びつけられず、連勝が3で止まった。1点を追う3回、浅村が千賀の初球のカーブを左翼席に一時同点の8号ソロ。これで勢いに乗りたかったが、4回以降は打線が沈黙した。

 3試合連続のアーチが空砲となった浅村は「しっかり反応できた。ホームランを打ちたいとは思って打席に入っていない。たまたま出ているだけ」と手放しでは喜べず。本塁打を放った過去7試合は全勝だった不敗神話もストップした。

 先発・弓削は、主砲の柳田を封じ込めることができなかった。初回に2ランを被弾すると3―3の5回には決勝の中前適時打を浴びた。相手打線のキーマンに3点を奪われ三木監督は「良い打者に対してしっかり投げきらないとああいう結果になってしまう」と険しい表情だった。 (重光 晋太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月8日のニュース