ロッテ・有吉 679日ぶり白星 手術後初の先発「感謝しながら一つずつアウトを取ろうと思った」

[ 2020年7月8日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ8―6西武 ( 2020年7月7日    ZOZOマリン )

ウイニングボールを手に笑顔の有吉(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 6回5安打2失点と粘ったロッテ・有吉が18年8月28日のソフトバンク戦以来、679日ぶりの白星を挙げた。

 「風もうまく使えて、打たせたりすることができたと思う」。昨年4月下旬に右肘の手術を受けてから、初めての先発マウンドだった。今季に復活をかける4年目右腕は「手術してからいろいろな方に支えてもらった。感謝しながら一つずつアウトを取ろうと思った」と笑みを浮かべた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月8日のニュース