ありがとう!ブルーリストバンドを販売へ 医療・介護従事者らへの感謝を込めて

[ 2020年7月8日 13:27 ]

「ありがとう!」と感謝の言葉が記されたブルーリストバンド
Photo By 提供写真

 日本野球機構(NPB)は8日、開幕戦などで選手らが着用した「ありがとう!ブルーリストバンド」を、有観客開催となる10日から販売することを発表した。NPBオフィシャルオンラインショップと、各球場で販売する。価格は550円(税込み)。売上金の一部が医療・介護従事者への支援活動に充てられる。

 ブルーリストバンドは6月19日の開幕戦で選手ら出場者が着用し、それ以降の各本拠地の初戦でも着用されている。コロナ禍の中、今季の開幕を迎えられたことへの、医療・介護従事者をはじめとした全国民への感謝の気持ちが込められている。着用試合は今後、追加も予定されている。着用は選手の任意で、それ以外の試合でも着用する可能性はある。

 NPBは08年から地球温暖化防止活動の一環でグリーンリストバンドを着用してきたが、今季はブルーで統一した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月8日のニュース