巨人・大竹が1軍合流 原監督期待「内野ゴロを打たせる部分で1番上手なピッチャー」

[ 2020年7月7日 18:37 ]

巨人・大竹
Photo By スポニチ

 右肩周辺の肉離れで2軍調整中だった巨人・大竹寛投手(37)が7日、1軍に合流し「とにかくチームのために、勝利に貢献できるように頑張ります」と球団を通じてコメントした。

 11泊12日の長期遠征中のチームにとって中継ぎ陣の一角として期待のかかるベテラン右腕。シュートが得意な37歳について原監督も「内野ゴロを打たせる部分からいくと、1番上手なピッチャー」と評した。

 昨季、中継ぎで32試合に登板し防御率2・77で、4勝8ホールドと活躍。今季は春季キャンプを1軍メンバー入りするも、2月29日に離脱していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月7日のニュース