DeNAラミレス監督、佐野の4番弾予言

[ 2020年7月7日 17:44 ]

室内で打撃練習する佐野 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 DeNAは7日、マツダスタジアムで開催予定だった広島戦(マツダスタジアム)が雨天中止となり、室内練習場で練習を行った。

 ラミレス監督は佐野のフリー打撃前、身ぶり手ぶりを交えて約5分間のアドバイス。ここまで全15試合で4番に座り打率・350、8打点の成績も本塁打がない新主砲について「バットのヘッドが投手寄りに寝てしまうことがあった。そのまま振るとフライや内野ゴロになっていた。そこを修正すればライナーになって、そのうち本塁打につながるというところを指摘した。凄くいい感じになった」と説明した。

 ここまでの働きを「凄くよくやってくれていて、いい成績を出している。一番重要なのは、本塁打よりも得点圏でいかに走者を還すか」と前置きした上で「今日かなり良くなったので、近いうちに(本塁打が)出ると思う」と佐野の4番弾を予言した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月7日のニュース