中日・山本 「由伸」魂でヤクルト・村上の内角攻め予告「死球当てても動じない」

[ 2020年7月7日 05:30 ]

大野雄と談笑する山本(右)
Photo By スポニチ

 あす8日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)で先発が有力視される中日・山本は「由伸魂」で同学年の村上斬りを誓った。

 「死球を当てても動じないメンタルの強さを感じました。相手ベンチからヤジられても動じない、いい意味で淡々と投げていた印象で、すごく参考になります」

 師の一人と仰ぐオリックス・山本は、昨年から大阪市内の同じ整骨院に通うだけでなく、電話で相談に乗ってもらうなど尊敬の念を抱く同姓の右腕。5日の西武戦でプロ野球タイ記録の1イニング3死球を与えながらも内角を攻め続け、7回2失点で勝利投手となった。

 投球スタイルを参考に、勝負に挑むのが4番を打つ村上だ。ドラフト5位入団の自身に対し、1位でプロに入った同学年を「雲の上の存在」としたが、抑えなければ勝利は見えてこない。「しっかり内を突いて、外に投げきるピッチングをしないと。それが自分の持ち味でもありますし」。臆することなく攻めの投球を貫き、2勝目をつかむ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月7日のニュース