ソフトバンク 競り勝って5割復帰へあと1、千賀今季初勝利 柳田2ランにV打 楽天は3連勝でストップ

[ 2020年7月7日 20:51 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4―3楽天 ( 2020年7月7日    ペイペイD )

<ソ・楽>5回無死二塁、適時打をを放った柳田は笑顔を見せる(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが首位楽天に競り勝ち、5割復帰へあと1勝とした。今季初登板の千賀が5回3失点で初勝利を挙げた。楽天は連勝が3でストップした。

 初回に2点を先制された直後、1死一塁から柳田の左越え4号2ランで追いつくと、2回1死から栗原の右越え3号ソロで勝ち越した。直後に同点とされたが、5回、敵失で無死二塁として柳田の中前適時打で勝ち越した。

 投げては先発千賀が5回3失点で役割を果たすと、この後は6、7回を高橋礼、8回をモイネロ、9回を森が無失点リレーでリードを守り切った。森は3セーブ目。

 楽天は初回に2点を先制、逆転された後の3回に浅村のリーグトップ8号ソロで追いついたが5回に勝ち越された。攻撃陣は4回以降は無得点に封じられた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月7日のニュース