楽天・則本昂 球団初の開幕投手4戦4勝へ平常心強調「やるべきことをやる」

[ 2020年7月7日 05:45 ]

次回登板へ向けて調整する楽天・則本
Photo By スポニチ

 首位キープへ、難所を新記録で突破する。球団最多タイの開幕投手での3戦3勝中の楽天・則本昂が、ソフトバンク戦へ意気込んだ。

 「どこからでもホームランが出る。打線の流れを切るのが大事になる」。単独首位で敵地に乗り込み、3年連続日本一チームとの今季初対戦で、エースは10日の4戦目を担う。昨年はCSファーストSで勝利投手も、レギュラーシーズンは0勝2敗。プロ7年目で初の未勝利と苦しみ、チームも12勝13敗と負け越した。先発する10日からは有観客。「感染者も増えている。ファンの皆さんの前でやれるのは楽しみだけど、純粋に喜んでいいのか分からない」としたが投球への不安はない。

 球団初の開幕投手4戦4勝へ。則本昂は「変わらずやるべきことをやるだけ」と平常心を強調した。(春川 英樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月7日のニュース