ソフトBラッキー7のロボットコラボ応援に反響「宇宙史上初」「面白すぎ」「お客さん入れてもやって」

[ 2020年7月7日 21:10 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4―3楽天 ( 2020年7月7日    ペイペイD )

<ソ・楽>7回、応援歌に合わせ踊る、ロボットの「Pepper」と「Spot」(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは6月21日以来16日ぶりに本拠地でのゲーム。首位楽天に競り勝って、5割復帰まであと1勝とした。

 この日からラッキーセブンの攻撃前には、四足歩行型ロボット「Spot」(Boston Dynamics社)と人型ロボット「Pepper」(ソフトバンクロボティクス社)がコラボレーションダンスで盛り上げた。「Spot」がスポーツイベントでダンスを披露するのは初の試み。

 コラボでは球場レフトスタンドに特設ステージを設け、球団歌の「いざゆけ若鷹軍団」に合わせて息の合ったダンスパフォーマンスを展開した。「Spot」はチームカラーに合わせたユニホームと帽子のスタイルだった。

 さらに「Pepper」はソフトバンクの選手が安打した時にエールを送り、本塁打を放つと「熱男ポーズ」のパフォーマンスを行った。この応援は31日まで行われる。

 この応援にはSNS上で「おそらく宇宙史上初」「面白すぎる」「お客さん入れてもやって欲しい」「ある意味アフターコロナの形」などの反響が寄せられた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月7日のニュース