ヤクルト 4年目・寺島がプロ初勝利!井野の延長押し出し四球が決勝点

[ 2020年7月7日 22:07 ]

セ・リーグ   ヤクルト2―1中日 ( 2020年7月7日    ナゴヤD )

<中・ヤ>プロ初勝利を挙げ、高津監督(左)と握手する寺島(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは延長10回にノーヒットながら4四球(うち1つは申告敬遠)で勝ち越し点を挙げて勝利。貯金を1とし、3位の座を守った。6番手で9回に登板して無失点に抑えた4年目の寺島がプロ初勝利を手にした。

 1―1で迎えた延長10回、ヤクルトは制球に苦しむ中日4番手の岡田から先頭の青木が四球を選び、村上は三振も代走・上田が二盗を決めて1死二塁。続く西浦が申告敬遠、西田が四球で2死満塁とし、井野が押し出しの四球を選んで勝ち越した。

 先手もヤクルト。6回に先頭の村上が右前打で出塁し、続く西浦が中日先発の柳のカーブにうまく反応。右中間へタイムリー二塁打を放ち、貴重な1点を物にした。本塁打は出ず、球団通算8000本塁打に1と迫っているが2試合足踏みとなった。

 先発のスアレスは6回を投げ7四球(申告敬遠1つ含む)も1安打に抑えて無失点。開幕から3試合17イニングを投げて自責点1とし、防御率を0.53でリーグトップに躍り出たものの、3番手・マクガフが打たれ勝利はならなかった。

 走者を出しながらなかなか得点に結びつけられなかった中日は、8回にようやく打線がつながった。1死から福田が左前打で出塁すると、続くビシエドがファウルで粘り、9球目のカットボールを弾き返すセンターフェンス直撃のタイムリー二塁打として追いついた。ビシエドはこれで9試合連続安打。しかし、なお1死一、二塁から代打・平田が空振り三振、京田も右飛と、あと1本が出ず。野手全員を出す総力戦で、延長10回には2死満塁から岡田の代打に投手の三ツ間を出す総力戦だったが、空振り三振に倒れた。

 中日の先発・柳は7回を投げ6安打1失点、10Kと好投を見せたが、援護がなく2敗目(1勝)。打線は、6回に3四球(うち1つは申告敬遠)で2死満塁とするなど、走者は出すが、あと1本が出ず。勝てばヤクルトに代わって3位に浮上するところだったがならず、借金も2となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月7日のニュース