ソフトB・ムーア 2ラン被弾反省も納得4K 松本は5回途中無失点の好投

[ 2020年6月6日 05:30 ]

練習試合   ソフトバンク7-4阪神 ( 2020年6月5日    甲子園 )

<神・ソ>ソフトバンク先発のムーア(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは先発ローテーション候補の2人が登板した。先発した新外国人のムーアは3回2/3を投げ2安打2失点。3回2死から四球を与え、糸井に2ランを浴び「9番打者への四球は練習試合だからといってやってはいけないこと」と反省した。

 それでも直球の最速は150キロを計測し4三振を奪う内容に「調整としては順調に来ているので継続してやっていきたい」と納得の表情だった。

 2番手で登板した松本が、4回1/3を投げ1安打無失点の好投を見せた。打者13人に対し、許した走者は北條の左前打のみ。圧巻の投球に「少し高めに抜けるボールが多かったのを修正することができました」と振り返った。開幕ローテーション入りを狙う右腕は「このまましっかりアピールしたい。次回の登板でも自分の投球ができるように調整していきたい」と前を向いた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月6日のニュース